第2回 筑後川・流し灯籠 (2006年)



今年も久留米市 風物詩である 「筑後・ し灯籠」 が8月15日 水天宮・瀬の下
河川敷われました。 この行事昭和30ごろから毎年けられており、
の「流し灯篭保存会」のさんが協力して開催されています。

今年
もシニアネット久留米の有志がボランティアで応援し、いに活躍しました。
16
ころからまり22までのに約3000灯篭筑後流され、
参加者
は2万人前後になる盛大がりでした。    (島井さんのHPより)2006年8月15日


会場前の道路
河川の入り口

お供物の受付係
灯籠の組み立て作業

テントの中は蒸し風呂状態
発起人玉置氏・SNK責任者島井氏

作業用テント
灯籠の受付

今年は来場者が続々と
中原・杉氏の灯籠

読経の始まり
流し灯籠

新盆の精霊
新盆の精霊

風の具合もよく散らばって流れる
夜も更けると一段と美しく

次へ